交通事故

交通事故

交通事故

交通事故

あゆみ整骨院は、厚生労働大臣認可・労災保険指名施術所です。
むち打ち症をはじめとする交通事故のケガの治療を行うことができます。
自賠責保険が適用される場合、窓口負担は必要ありません。
治療は手技だけでなく、電気療法や矯正、運動療法や動的・静的ストレッチなど
症状や体調に合わせた治療計画に基づいておこないます。


交通事故にあったら

交通事故にあったら、まず、周囲の安全を確保し、ケガがなくても(物損事故でも)110番で警察を呼ぶか、お互い警察署や交番・駐在所に出向き交通事故の届け出をしてください。
物損事故の届け出をしていれば、後で医師の診断書を提出して人身事故に切り替えることができます。
届け出をしなかった場合、後で痛みが出て、届け出をしようとしても、
期間があいていたり、修理が終わっていて事故の痕跡が無くなっている場合、届け出を受理されないことも考えられます。
また、事故の数日後に痛みが出てきた場合は、速やかに医療機関で診察を受けてください。
事故と診察までの期間が長ければ、医師も事故とケガとの因果関係が判断しにくくなります。
少しでも痛みや違和感を感じた場合はすぐに医療機関で受診してください。

交通事故のケガは不意に過度な外力がかかるため、後遺症が残りやすいものです。
また、事故直後は気が張り詰めていて痛みを感じない場合もあります。
事故後しばらくして落ち着いたころ、身体の痛みに気付くことが多いので、
事故直後、身体の異変に気付かない場合でも、病院で診察を受けることをおすすめします。


こんな症状を感じたときは、当院までご相談ください。

・安静にしていても首が痛く、仕事や勉強に集中できない。
・痛みがあっても、検査で異常がないからと適切な治療やリハビリをしてもらえない。
・常に首や肩周りに違和感やだるさがある。
・朝起きても疲れが取れていない。
・何もしていないのに腰が痛い。


症例紹介

むち打ち症(頸椎捻挫)

交通事故の中で最も多いケガは、
頸椎捻挫(俗に「むち打ち症」)と言われるものですが、
事故直後はあまり症状が出ず、
病院でレントゲンを撮っても異常が見られないことがほとんどです。
しかし、時間の経過とともにレントゲンでは写らなかった筋肉の緊張や、
わずかな首や腰の骨のズレから、
首や腰の痛み・動作時の痛み、可動域の制限、首・腰周辺の放散痛が出て来ることが多く見受けられます。
その他にも頭痛や肩の痛み、腕のしびれ、吐き気やめまいなどが出てくることもあります。


当院の交通事故治療

自賠責保険適用で自己負担ゼロ!

整骨院でも病院と同じように、自賠責保険や任意保険が適用されるので自己負担はありません。
 

病院との同時通院、他からの転院もOK!

病院でレントゲン撮影などの診察を受けながら当院で治療を行うことや、他の整骨院からの転院も可能です。
 

保険会社とのやり取りもお任せ!

治療に関わる保険会社との細かなやり取りは当院で代行いたしますので、お任せください。


治療費

自賠責保険・任意保険を適用した場合、示談をされる前であれば患者さまの負担はありません。窓口負担は0円です。


治療期間

平均的な治療期間は2〜4ヶ月です。
これらは事故の内容やケガの程度によっても違いますが、早い方は1〜2週間でかなり症状は改善します。
しかし症状が軽減したからといって治療を中途半端で止めてしまうと、
あとになって後遺症に悩まされることもありますので、「早期治療+最後まで治療する」ことが大切です。


「弁護士法人 心」さんと提携

交通事故に遭われた患者様が、
保険会社との電話対応や示談交渉で悩まれることが多いので、
安心して治療をして頂くために、
交痛事故被害者さんに関する相談が無料・着手金が無料の
「弁護士法人 心」さんと連携をしています

「心弁護士法人 心」さんのホームページはこちら


交通事故発生後の流れ

交通事故直後

事故直後には一見外傷がなくても、
事故による外力で身体に何らかの異常をきたしていることがよくあります。
目立った外傷や痛みがなくても、自分で勝手な判断はせず、
必ず病院でレントゲンやMRI等の検査を受け、
骨折や頭部の異常がないか医師の診察を受けましょう。


急性期[2・3日〜2・3週間後]

事故直後は痛みを感じなくても2〜3日後に自覚症状が出てくるのがむち打ち症(頸椎捻挫)です。
首周辺に強い外力が加わることにより筋肉・じん帯・神経に炎症がおこり痛みが出ます。
急性期では、基本的に身体を安静に保ち炎症を抑える治療を行います。
当院では、微弱電流治療器や超音波治療器などの極力刺激の少ない電気治療器を使い、
患部の負担を最小限にして治癒力を高めるとともに、患部周囲の筋肉にアプローチをかけていきます。
症状によってはアイシングなども行います。


回復期[2・3週間〜1・2ヶ月後]

痛みや炎症、運動制限などの症状が治まってきたら、
首や肩を大きく動かす運動療法やストレッチを行うとともに、
手技を使って安静時に拘縮(緊張)した部分を緩めていきます。
いつまでも安静や固定を続けると、かえって筋肉や関節が硬くなったり、
筋力が低下して患部周辺の鈍痛や肩こり、頭痛の原因にもなってきます。
運動を始めることにより、血液の循環が促進され、結果として回復が早まります。


症状固定[事故後2・3ヶ月〜治癒]

筋力低下や・関節・筋肉の拘縮改善のため運動療法やリハビリを中心に治療を行います。
症状がある程度回復し、楽になってきたからといって通院をやめてしまうと完治せずに
症状が再び悪化し慢性化することもあります。

 

【あゆみ整骨院】[コース]自由編集エリア(下)